車査定良くぞ

人気記事ランキング

ホーム > メイク > 眉と瞳は顔そのもの!!パーツを大切に印象アップ

眉と瞳は顔そのもの!!パーツを大切に印象アップ

メイクによって自分の顔の良いところをより際立たせ、欠点をカバーする方法はたくさんあります。年齢を重ねるごとに、特に女性は自分へのさりげないケアの積み重ねが表面に出やすくなります。自信のある笑顔、自然体でも素敵な表情をキープするために、ちょっとしたコツをご紹介しましょう。

●眉毛を整える
眉は顔の印象を左右するとても重要なパーツです。その分、一番難しいといってもいいところ。
初めて整え始めたのが中学~高校の頃だとすると、そのあたりの流行を引きずったまま、大人になっても変わってない、なんて方いませんか?

細く削りすぎている方は、まずある程度のボリュームにまで生えそろうのを待ちましょう。
その上で、自分でできる方は眉テンプレートなどを用い(ドラッグストアで購入可)、顔の輪郭やなりたいイメージに沿った形にハサミなどで整えましょう。どうしても左右差がありますが、一番きれいに見えるほうを優先し、そちらに合わせる工夫をするとよいですよ。

たとえば、右を優先した場合、左のほうが切りそろえる部分が大きくなります。
アイブローで描く分も左のほうが多めに。削る際は上ではなく、下を。
両眉が上がったとき不自然にならないよう、筋肉に沿って整えるとやりやすいですよ。

自分ではなかなか…という方は眉カット専門店や美容院がおススメ。ある程度生えそろったら気軽に足を運んでみましょう。プロが正確にやってくれるはずです。

●ブラウンが引き立てる日本人の瞳
美容雑誌などを見るとシーズンによってブルーやイエロー、赤といった様々な流行色が紙面を彩ります。華やかなモデルメイクを見ると自分もやってみたくなりますよね。
でもちょっと待って。そのまま真似ると大変なことに…。「まぶた赤く腫れてるけどどうしたの?」「青塗りすぎ(笑)」「ほっぺた赤いけど熱ある?」なんて。

基本的にどんなに色白でも日本人の肌トーンは黄色がかっており、似合う色はほぼ決まっていると言っていいでしょう。普段のメイク(通学やオフィス、フォーマル等)ではブラウンをベースにするのが基本です。

おススメは日本のメーカー・ブランドのシリーズ。
海外のパレットは成分が異なる場合があり、人によってはアレルギー・結膜炎を起こします。
また、日本ものの方が日本人を研究して作られているため、どんなタイプでもなじみやすいという利点が。

ネットだと安く購入できるメリットもありますが、やはり最初は美容部員に使い方を教えてもらい、自分で一番美しくメイクできるところまで習得することをおススメします。
間違った使い方では美しさが引き出されませんから。

いかがでしょうか。眉と目、顔そのものと言ってもよい印象度の高いパーツについてご紹介しました。上手にキマると内面から輝きが出てくるのは間違いなし!!
ぜひメイク上手になって、素敵な笑顔でいてくださいね。

また眉と瞳だけではなく印象アップに重要なパーツといえばまつ毛です。
まつ毛のケアをサポートとする美容成分について解説はこちら